News

  
投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-10-30 10:55:49 (345 ヒット)

 防災用品アドバイザーは、同じ地域に住む身近な人々、親愛なる家族を災害から防ぐこと、災害の被害を少なくすることを目的とした防災用品の知識を身につけ、更にその用品の普及を支援する役割を担うことができる人材を育て、認定する制度です。


シニアビジネス研究所にて講習を行い、認定・組織化します。

希望者には、名刺や身分証も発行します。

認定者が防災用品を普及させた際には、普及数に基づく収入を得ることが出来ます。


シニアビジネス研究所は、防災用品アドバイザーの力を借り、日本国内に必ず起こると言われる災害での被害を最小にしたいと考え、この制度を企画、推進しております。

初期段階では、多数ある防災用品の中、地域社会の災害時の火災死亡者を減らす効果が大きいにもかかわらず認知率、普及率の低い「感震ブレーカー」に着目し、社会貢献ビジネスを開発しました。現在は普及途上であり、政府・地方自治体は普及率25%(1400万世帯)を目指し、補助金など普及支援策を開始しました。

感震ブレーカーの中でも、特に「スイッチ断ボール」に関しましては、コストパフフォーマンスに優れており、普及率向上の鍵となる商品です。

本セミナーを通じて、自らの生命の安全、家族の安全を守る防災知識の習得、さらには防災用品を地域社会へ普及させることによる地域住民の安全への貢献としてご検討いただければ幸いと考えております。


「第6回ビジネス提案セミナー テーマ 防災用品アドバイザーを通じた社会貢献」では、「防災用品アドバイザー」による「感震ブレーカー」普及・社会貢献ビジネスを行う方法について、動画映像をまじえ、シニアビジネス研究所 研究員 古橋俊夫より講演します。


本事業は、ビジネス経験をお持ちの方でしたら簡単に取り組める内容です。

定年時期を迎える年齢層の方々に関しましては、地域に幅広い人脈が生まれ生活を豊かにします。


【参加費用】 無料

【対象者】社会貢献ビジネスに興味・関心のある方

【日時】 11月9日(月曜日)午後5時から7時まで

【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1

【内容】 シニアビジネス研究所 第6回ビジネス提案セミナー

【講師】 シニアビジネス研究所 研究員 古橋 俊夫

【定員】 先着10名

【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz

【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで

電話 03-3364-1891

メール info@powermusic.co.jp


セミナーの要旨は

・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」

・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」

・「防災用品アドバイザー」による「感震ブレーカー」普及・社会貢献ビジネス


○シニアビジネス研究所について

社会貢献したい、ビジネスに結び付けたいというシニアに向け、シニアの特性を活かした社会貢献ビジネスの研究開発を行い、WEB、SNS、セミナー開催を通じ情報発信と交流を行いながらビジネスを推進しております。


○研究所 メンバー

所 長 上田 信一郎

研究員 古橋 俊夫、 大谷 久行、 堀 達朗、 玉腰 泰三ほか1名


○シニアビジネス研究所 事務局

株式会社 パワーミュージック

東京都新宿区百人町 2-12-15

TEL:03-3364-1891


○シニアビジネス研究所 ホームページ  http://hito.bz


投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-10-30 10:52:32 (337 ヒット)

 シニアビジネス研究所は、感震ブレーカー3種類(分電盤タイプ、簡易タイプ、コンセントタイプ)の販売事業を11月9日に開始します。3種類の機能、設置方法の異なる「感震ブレーカー」をひとつの団体が販売する事業は、日本で初めてです(当研究所調べ)。


感震ブレーカーは設定値以上の震度の地震発生時に自動的に電気の供給を遮断する機器です。各家庭に設置することで出火を防止し、他の住宅等への延焼を防ぐことで、災害被害を大きく軽減することができます。内閣府は、首都直下地震や南海トラフの大地震に備えるため、今後10年で世帯普及率25%以上(約1400万世帯)を目指し、多種の施策を行なっております。既に神奈川県横浜市、東京都足立区では、補助金制度を開始し普及を急いでおります。


シニアビジネス研究所は、国の定める基準に適合した安心な感震ブレーカー機器(3種)と施工業者を選定、当研究所が組織化する「防災用品アドバイザー」を通じて、設置場所・設置主の状況に合わせ販売事業を行います。

シニアビジネス研究所「防災用品アドバイザー」は、国や地方自治体が取り組む防災・減災対策と地域や個人の安全・安心な生活を結ぶ架け橋となる社会貢献活動を行います。初期段階として、様々な防災用品、防災機器の普及率向上を支援し、災害被害の軽減と生活者の安全と安心に寄与します。


初期段階は、限定100人の「防災用品アドバイザー」(メンバー募集中)にて首都圏への展開を行い、事業体制を確立した後、順次日本全国に展開し、3年後に年商15億円を目指しております。


○本事業開始に関しビジネス提案セミナーを以下の内容で行います。

「防災用品アドバイザー」による「感震ブレーカー」普及・社会貢献ビジネスを行う方法について、動画映像をまじえ、シニアビジネス研究所 研究員 古橋俊夫より講演します。


本事業は、ビジネス経験をお持ちの方でしたら簡単に取り組める内容です。

定年時期を迎える年齢層の方々に関しましては、地域に幅広い人脈が生まれ生活を豊かにします。


【参加費用】 無料

【対象者】社会貢献ビジネスに興味・関心のある方

【日時】 11月9日(月曜日)午後5時から7時まで

【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1

【内容】 シニアビジネス研究所 第6回ビジネス提案セミナー

【講師】 シニアビジネス研究所 研究員 古橋 俊夫

【定員】 先着10名

【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz

【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで

電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp


セミナーの要旨は

・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」

・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」

・「防災用品アドバイザー」による「感震ブレーカー」普及・社会貢献ビジネス


○シニアビジネス研究所について

社会貢献したい、ビジネスに結び付けたいというシニアに向け、シニアの特性を活かした社会貢献ビジネスの研究開発を行い、WEB、SNS、セミナー開催を通じ情報発信と交流を行いながらビジネスを推進しております。


ホームページ

http://hito.bz


○研究所 メンバー

所 長 上田 信一郎

研究員 古橋 俊夫、 大谷 久行、 堀 達朗、 玉腰 泰三ほか1名


○シニアビジネス研究所 事務局

株式会社 パワーミュージック

東京都新宿区百人町 2-12-15

TEL:03-3364-1891


○シニアビジネス研究所 ホームページ  http://hito.bz


投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-10-02 16:02:06 (339 ヒット)

 「シニアビジネス研究所」第5回ビジネス提案セミナー 10月24日(土)開催

 
テーマ 「1億総活躍社会」の「女性の地域社会貢献ビジネス」
 
「1億総活躍社会」を目指す日本では、特に女性の活躍が、将来の日本の命運を決するとも言われています。
 第5回ビジネス提案セミナーは、「女性の地域社会貢献」にスポットを当て、セミナーを開催します。
何か人の役に立ちたい!!人好き、お話し好きなど、何事にも好奇心旺盛、積極性ある女性に向け、収入が見込める地域社会貢献(地域社会貢献ビジネス)を提案させていただきます。
 30年以内に発生すると予測される首都直下型地震の災害を最小限に減災する「通電火災」防止機器「感震ブレーカー」を通じて地域社会貢献ビジネスを行う方法について、動画映像をまじえ、シニアビジネス研究所
研究員 古橋俊夫より講演させていただきます。
 本ビジネスは、営業職経験者、店舗スタッフ経験者など対面販売経験をお持ちの方でしたら簡単に取り組める内容です。地域に幅広い人脈が生まれ生活を豊かにします。
 
○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【参加費用】 無料
【対象者】地域社会貢献ビジネスに興味・関心のある女性
【日時】 10月24日(土曜日)午後4時から5時30分まで
【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】 シニアビジネス研究所 第5回ビジネス提案セミナー「1億総活躍社会」の「女性の地域社会貢献ビジネス」
【講師】 シニアビジネス研究所 研究員 古橋 俊夫
【定員】 先着10名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp
 
セミナーの要旨は
・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」
・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」
・「感震ブレーカー」の普及活動は、地域社会貢献ビジネス
 
○「感震ブレーカー」について
国は首都直下型地震での被害想定における「減災対策」では「火災とその類焼による被害をなくすことが最重要課題」としており、本年2月に通電火災を防止するための「感震ブレーカー」のガイドラインを定めました。
本年8月より内閣府は「感震ブレーカー」設置モデル地域を4箇所指定しました。
国や地方自治体は災害被害を最小に減災することを目的に「感震ブレーカー」の設置普及施策に取り組みはじめたところです。
 
説明動画
 
朝日新聞 記事
 
○シニアビジネス研究所について
「アクティブシニアが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに「シニアビジネス研究所」を創設、新ビジネスの研究と開発、サイト運営、セミナー開催を行なっております。
 
ホームページ
 
○研究所 メンバー
所 長 上田 信一郎
研究員 古橋 俊夫、 大谷 久行、 堀 達朗、 玉腰 泰三ほか1名
 
○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891
 
○シニアビジネス研究所 ホームページ  http://hito.bz
 

投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-08-26 17:39:01 (378 ヒット)

 「シニアビジネス研究所」ビジネス提案セミナー

首都直下型地震で想定される最大火災原因「通電火災」防止機器
「感震ブレーカー」第3回ビジネスセミナー 9月14日(月)開催
 
 
前回のビジネス提案セミナーは、シニアビジネス研究所 古橋俊夫研究員より、地震が発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」の具体的方法、「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」、そしてそれを絡めた社会性の高いビジネス「防災用品アドバイザー」の概要について、関連する動画映像をまじえ講演させていただきました。参加者の皆様のご意見も多数いただきながら盛況に終えました。
 
つきましては、好評につき、第3回「感震ブレーカー」ビジネスセミナーを9月14日月曜日16:00より開催させていただきます。
 
○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 9月14日(月曜日)午後4時から5時30分まで
【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】 シニアビジネス研究所 第3回「感震ブレーカー」ビジネスセミナー
【講師】 シニアビジネス研究員 古橋 俊夫
【費用】 無料
【定員】 先着10名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp
 
 
セミナーの要旨は
・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」とはどのようなものか。 
・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」とはどのようなものか。
・類焼防止のための効果的な「感震ブレーカー」の普及はどのようにしたら良いか。
・「感震ブレーカー」の普及活動をビジネスとして推進する「防災用品アドバイザー」 
 
 
「感震ブレーカー」について
最近大きなゆれを感じる地震が頻発しており、私たちは首都直下型地震に関する対応を考えざるを得ない状況です。地震の発生を防ぐことは出来ませんが、発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」は出来ます。
多くの町会や自治会で防災組織の編成や訓練を行なっていますが、これにも増して、地震の発生前に行なう「地域で行なう減災対策」が、今、求められています。
国は首都直下型地震での被害想定における「減災対策」では「火災とその類焼による被害をなくすことが最重要課題」としており、本年2月に通電火災を防止するための「感震ブレーカー」のガイドラインを定め、本年8月より内閣府は「感震ブレーカー」設置モデル地域を4箇所指定しました。国は「感震ブレーカー」の設置普及で火災の発生を食い止めようとしています。
 
 
○シニアビジネス研究所について
シニアビジネス研究所は、「アクティブシニアが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始、2年経過し2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたしました。
 
○研究所 メンバー
所 長 上田 信一郎
研究員 古橋 俊夫、 大谷 久行、 堀  達朗、 玉腰 泰三ほか1名
 
○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891
○シニアビジネス研究所 ホームページ  http://hito.bz

投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-08-02 17:13:35 (334 ヒット)
「シニアビジネス研究所」ビジネス提案セミナー
首都直下型地震で想定される最大火災原因「通電火災」防止機器
「感震ブレーカー」第二回ビジネスセミナー 8月10日開催
 
○「シニアビジネス研究所」 ビジネス提案セミナー
 
「シニアビジネス研究所」は、シニアが能力を発揮できる社会性あるビジネスを研究・実践し、皆様に提案しております。
 
ビジネス提案セミナー第一弾(7月27日開催)は、シニアビジネス研究所 古橋俊夫より、地震が発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」の具体的方法、「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」、そしてそれを絡めた社会性の高いビジネス「シニアビジネス研究所 防災用品アドバイザー制度」の概要について、関連する迫力ある動画映像を多数用意し講演させていただきました。
参加者の皆様のご意見も多数いただきながら盛況に終えました。ありがとうございました。
 
好評につき、第二回「感震ブレーカー」ビジネスセミナーを8月10日月曜日16:00より開催させていただきます。
 
なおシニアビジネス研究所の主旨、防災用品アドバイザー制度の社会性、事業性に関心をお持ちいただけた参加者の方向けには、別途ビジネスモデル説明会(ビジネス内容の詳細、収益額の説明など)を行なっております。
 
○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 8月10日(月曜日)午後4時から5時30分まで
【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】 シニアビジネス研究所 第二回「感震ブレーカー」ビジネスセミナー
【講師】 シニアビジネス研究所 古橋 俊夫
【費用】 無料
【定員】 先着10名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp
 
今回のセミナーは
・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」とはどのようなものか。
・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」とはどのようなものか。
・類焼防止のための効果的な「感震ブレーカー」の普及はどのようにしたら良いか。
・「感震ブレーカー」の普及活動をビジネスとして推進する方法「シニアビジネス研究所 防災用品アドバイザー制度」の概要
について、迫力ある動画映像を多数交えご説明いたします。
 
「感震ブレーカー」について
最近大きなゆれを感じる地震が頻発しており、私たちは首都直下型地震に関する対応を考えざるを得ない状況です。
地震の発生を防ぐことは出来ませんが、発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」は出来ます。
多くの町内会や自治会で災害対策としての防災組織の編成や対応のための訓練を行なっていますが、これに増して、地震の発生前に行なう「地域で行なう減災対策」が、今、求められています。
国は首都直下型地震での被害想定における「減災対策」では「火災とその類焼による被害をなくすことが最重要課題」としており、本年2月に通電火災を防止するための「感震ブレーカー」のガイドラインを定め、国は「感震ブレーカー」の設置普及で火災の発生を食い止めようとしています。
 
○シニアビジネス研究所について
シニアビジネス研究所は、「アクティブシニアが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始、2年経過し2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたしました。
創設記念セミナーを3月14日に日本女子会館(浜松町)、第一回ビジネスセミナーを7月27日に開催いたしました。
 
シニアビジネス研究所は、シニアの新しい働き方、雇われない働き方、シニアの能力を活かせる新たなビジネスモデルを研究・実践するメンバー6名による研究所です。シニアビジネス研究所は、以下の活動を行なっております。
1.「知的労働、事務職を経験したシニアの能力が活かされるビジネス、ビジネスモデル」の情報収集と研究活動
2.研究活動の情報提供活動
・WEBサイト、メールマガジン、Facebook、Twitter、YouTube
・セミナー、研修、出版活動
研究所メンバー、また外部よりゲスト講師によるセミナー開催。
研究所メンバーによる研修サービス、出版サービス。
3,新たなビジネスの企画・開発
複数社、複数人による協業プロジェクトにより新規ビジネスの開発。
 
○研究所 メンバー
所長
上田 信一郎
 
研究員
古橋 俊夫
大谷 久行
堀 達朗
玉腰 泰三
ほか1名
 
○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891
 
○シニアビジネス研究所 ホームページ

投稿者 : staff 投稿日時: 2015-06-24 00:14:59 (289 ヒット)
ビジネス提案セミナー第一弾(7月27日開催)は、シニアビジネス研究所 古橋 俊夫より、地震が発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」の具体的方法、そしてそれを絡めた「社会性の高いビジネス」について講演させていただきます。
 
○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】7月27日(月曜日)午後1時30分から3時まで
【場所】シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】シニアビジネス研究所 「感震ブレーカー」ビジネスセミナー
【講師】シニアビジネス研究所 古橋 俊夫
【費用】無料
【定員】先着10名

【主催】シニアビジネス研究所  http://hito.bz

【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで

電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp 


投稿者 : tamakoshi 投稿日時: 2015-02-16 16:18:27 (702 ヒット)

 生きがいと、経済的安定を目指すシニアに向け

「シニアビジネス研究所」2月16日創設!
創設記念セミナー 3月14日日本女子会館(浜松町)にて開催
 
○概要
シニアビジネス研究所のプロジェクトメンバーは、「ホワイトカラーが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始し、多数の方からのご評価、ご賛同をいただきながら、2年を経過しました。
 
2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたします。
 
シニアビジネス研究所 創設に際しまして、記念セミナーを3月14日に日本女子会館(浜松町)にて開催します。
 
 
○創設記念セミナー
シニアビジネス研究所は、「雇われない形態で、自立性の高い仕事」を行うにあたり、インターネットを有効に活用することが重要と考えております。どのような業務を行うにしても、自立性の高いビジネスを行うには、自身の価値を認めていただき、代価を払ってもらえる相手が必要です。
そのような相手(お客様)とのマッチングには日々、PR、宣伝(=情報を発信)する必要があります。
 
創設記念セミナーは、シニアビジネス研究所 プロジェクトメンバー「堀達朗」より、パソコンやネットが苦手な方でも、自身のパソコンを活用しながら低予算でPRを成功させる方法を講演させていただきます。
 
創設記念セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 3月14日(土曜日)午後1時30分から3時30分まで
【場所】 日本女子会館(港区芝公園2-6-8)tel.03-3434-8082
【内容】 ◆ネットが苦手な起業家が、小予算でPRを成功させる方法◆
【講師】 (株)パワーミュージック代表取締役堀達朗
【費用】 3,000円(税込み、当日受付にてお支払い下さい。)
【定員】 20名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】
 
シニアビジネス研究所 セミナー申し込みフォームは以下のアドレスです。
 
 
または、(株)パワーミュージック 堀達朗まで
 
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp
 
「セミナー5大ポイント」
(1)少予算PRの成功はインターネットだ!
(2)外注任せではない、“いつでも自分で自由に更新できるホームページ”とは?
(3)魅力あるホームページづくりのコツ。
(4)フェイスブックなどのネット口コミPRは無料で簡単にできる!
(5)ネットPRも待っていただけではダメ。攻めるPRの手法とは?
 
○シニアビジネス研究所について
シニアの新しい働き方、雇われない働き方、シニアの能力を活かせる新たなビジネスモデルを研究・実践するプロジェクトです。シニアビジネス研究所は、以下の活動を開始します。
 
1.「知的労働、事務職を経験したシニアの能力が活かされるビジネス、ビジネスモデル」の情報収集と研究活動
 
2.研究活動の情報提供活動
WEBサイト、メールマガジン、Facebook、Twitter、(YouTube予定)
 
3.セミナー、研修、出版活動
研究所メンバー、また外部よりゲスト講師によるセミナーを開催します。研究所メンバーによる研修サービス、出版サービスを予定しております。
 
4,新たなビジネスの企画・開発
複数社、複数人による協業プロジェクトにより新規ビジネスの開発を行います。
 
○研究所 メンバー
所長
上田 信一郎
 
メンバー
古橋 俊夫
大谷 久行
堀 達朗
玉腰 泰三
そのほか
 
○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891
 
○シニアビジネス研究所 ホームページ
 
○背景
高齢社会を迎えてシニアビジネスに注目が集まっています。
しかし、シニアビジネスはシニアを消費者としてとらえるマーケッティングからの視点で注目が集まっているものです。
シニア自身は社会的にリタイアを求めているのではなく、もっと働き続けて社会と接点を持っていきたいというのがアンケート結果に現れています。
 
しかし、サラリーマン社会(勤労者)で長く過ごした結果自ら発想し、行動し、開拓していく起業精神が薄れております。どうしても雇用を望んでしまうのではないでしょうか。
残念ながら高齢者の雇用は、軽作業や清掃、管理人などがほとんどで、ホワイトカラーの方には、どうしても抵抗があるのではないでしょうか。ホワイトカラーが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事ではないでしょうか。
 
自己実現と自己責任は表裏一体です。
生きがいとやりがいは指示され命令されて得られるものではありません。
 
シニア世代にとっても、自らを消費者だけではなく生産者でもあり続ける生涯現役精神は重要なのではないでしょうか。
 
少なくとも指示され与えられる人生から、自ら求め行動する生き方を求めるアクティブシニアであるべきなのではないでしょうか。
 
シニアビジネス研究所はこのようなアクティブシニアであろうとされる方、また、より若い年代の方でも今から高齢期に備えて自立した人生を送ろうとする方へ情報をお伝えし、またあらたなビジネスとの出会いの機会をつくるものです。不慣れ、不安な新たな展開に対し、シニアビジネス研究所は支援いたします。
 
皆様のご利用、ご活用いただければ幸いです。
 
○シニアビジネス研究所 プロジェクトメンバーの特長
シニアビジネス研究所の強みは、プロジェクトメンバーそれぞれ全く異なるビジネス人生を歩んだことによる個々の多岐にわたるスキル、経験の集団で“これからのシニアの働き方”を研究、実践している点です。
 
研究所員共通の経験は、大企業や大組織員を経験したのち、シニアの新しい働き方、雇われない働き方を長年試行錯誤しながら実践しています。
 
プロジェクトメンバー各自それぞれは、自らの判断と決断により、起業、個人事業、執筆、出版、コンサルタント、講師、代理店など異なる道を歩みながら、様々な成功と失敗を経験しました。大企業、大組織に属することで実現可能なビジネス、それによる個人的なメリット、一方それによるデメリットを知り尽くしたメンバーです。
 
低成長時代、少子高齢化社会では、組織や国家に依存する、また定年後も長年所属していた組織に依存、現役世代・若年層たちにお世話になる(寄生する)ことには限界が見えています。年金、医療、企業、年功序列・・・・・。
 
シニアビジネス研究所は、自分の経験や知識を活かし、個々の納得する独立した生き方により、社会的課題を解決し、収入を得ることを目指すプロジェクトメンバーにより運営されています。
 
自治体や政治、また従来の大企業中心の経済システム、政治システムでは解決不可能な社会的課題の解決、少子高齢化社会時代・シニアの新しい働き方の実現を実践するメンバーが集っています。
 
この考え方は、超高齢化社会において発生する様々な社会的課題を、インターネット、ICTを活用し、解決しようとする総務省の「スマートプラチナ社会」構想もスタートしており追い風です。
 
メンバー一同はサラリーマン時代では出来なかった新しい自己実現と新たな収入を実現しています。
 
シニアビジネス研究所の強みは、プロジェクトメンバー一同が新しいシニアビジネスに取組んだ経験と実績があり、事業や商品を創造する思考スキルと独自体制があることです。
 
いまだに解決策、答えが見いだせないシニアの新しい働き方、雇われない働き方に試行錯誤挑戦する経緯と強い絆、それにより新規事業、新商品を開発した実績は、シニアビジネス研究所だけが唯一保有する財産です。
 
私たちは、個々の力を発揮しながらもメンバー互いの立場を尊重し強い絆により新しいスタイルの新規事業、新商品の創造を実現してきました。
 
研究所といっても私たちは、特許技術を開発する科学者の集団ではありません。
 
世の中に存在する社会的課題に対してIT技術、インターネット、そしてシニアメンバー個々の持つスキルやコンテンツ、人脈を組み合わせた新しいサービスビジネスの開発です。
 
ビジネスを開発することと同時に、「シニアの新しい働き方」を研究開発し実践してまいります。現在取り組んでいる「アクティブシニアで構成するプロジェクトによるビジネス開発」は、シニアの新しい働き方の一例と考えています。今後、更に新しいシニアの働き方を研究開発し、自ら実践してまいります。
 
○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891
 
○シニアビジネス研究所 ホームページ
 
シニアビジネス研究所 セミナー申し込みページ
 
 

投稿者 : staff 投稿日時: 2015-02-12 12:58:24 (365 ヒット)
 「シニアビジネス研究所」のサイトをオープンしました。ご覧いただき誠にありがとうございます。このサイトは従来の「60歳からの仕事ガイド2014」を新しいコンセプトの元にリニューアルしたものです。
 
さて、ご承知のように高齢社会を迎えてシニアビジネスに注目が集まっています。
シニアビジネスはシニアを消費者としてとらえるマーケッティングからの視点で注目が集まっているものです。と同時に、シニア自身は社会的にリタイアを求めているのではなく、もっと働き続けて社会と接点を持っていきたいというのが各種のアンケート結果に現れています。
 
しかし、サラリーマン社会(勤労者)で長く過ごした結果自ら発想し、行動し、開拓していく起業精神が薄れています。どうしても雇用を望んでしまうのではないでしょうか。残念ながら高齢者の雇用は、軽作業や清掃、管理人などがほとんどでホワイトカラーの方には、どうしても抵抗があるのではないでしょうか。ホワイトカラーが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事ではないでしょうか。
 
自己実現と自己責任は表裏一体です。
生きがいとやりがいは指示され命令されて得られるものではありません。
 
シニア世代にとっても、自らを消費者だけではなく生産者でもあり続ける生涯現役精神は重要なのではないでしょうか。少なくとも指示され与えられる人生から、自ら求め行動する生き方を求めるアクティブシニアであるべきなのではないでしょうか。
 
このサイトはこのようなアクティブシニアであろうとされる方、また、より若い年代の方でも今から高齢期に備えて自立した人生を送ろうとする方やシニア対象のビジネスに関心のある方、企業に各種情報をお伝えし、また出会いの機会をつくるものです。
 
皆様のご利用、ご活用いただければ幸いです。
シニアからの生きがい、やりがいを求める人のために雇われない形態の仕事を中心とした仕事の情報とマッチングの機会を提供し、また拡大する高齢者層のニーズにあった新しいビジネスを開発していきましょう。
 

Menu